「取材」から理解と共感を深めるデザインづくり

インクデザインでお引き受けできるのは、パワポ・Web・ロゴ・ポスター&チラシなどのデザインだけではありません!実は、インタビューと取材、執筆、そしてそれに付随する撮影も行っています。

先日は、茨城県の県北地域の山間にある、最先端技術の実験施設を取材してきました。

現地入りしたのは19時。日が落ちた山間地域に浮かび上がるのは、この施設で実験される先端技術の「あるもの」で作られたLEDの光。周辺に人口の光がほとんど無いこともあってか、そのいくつもの点光源が作る建物の輪郭はスペースコロニーのようでした。

(現在執筆中なので、写真のほんの一部をご紹介)

今回は、実験施設の地域への説明会の中に参加させていただく形での取材。

実験内容とこれからの可能性について分かりやすく話してくださる研究チームの皆様と、それを聴きながら深く関心を示す地域の父さんお母さん。異なる背景を持つ人々が交わり、和やかに会話を弾ませている様子が印象的でした。

実験施設づくりには、地域の方々も参加していたそうです。地域と関わりながら進む先端技術の研究。これからの展開に期待が膨らみました。

言葉にすることで、価値と強みが見えてくる

取材や記事作りを通じて「言葉にする」ことで、私たちもよりお客様の世界を深く理解することができます。また、そのプロセスの中でお客様自身にも新たな気付きがあるはず。そして、互いに深めた理解とコミュニケーションは、より価値のあるアウトプットに結びつくのでは…と思います。

たとえば採用サイト作りでは、「社長挨拶」「社員の声」のインタビューと執筆、そして掲載用のポートレートや仕事風景の撮影も担当。デザインとコーディングもふくめ、お客様の信じる価値を、届けたい相手により深く伝える採用コンテンツ作りに結びつきます。

取材と執筆からお引き受けできるインクデザインのクリエイティブ。
ご関心のある方は、ぜひご相談ください。

インタビューから始まった制作の一例。参考までにぜひご覧ください!