【イベントレポート】インクデザイン展TALK!〜クリエイターと話すものづくりのプロセス〜 

現地参加型トークイベントの企画・運営に携わって感じたこと

こんにちは、新人デザイナーのひかりです!

同じく新人デザイナーの先輩はるかさんと手探りで企画運営を進めてきた
インクデザイン10周年を記念した会社初の作品展インクデザイン展」を
8/16〜8/31まで開催しました。

そのイベントについてと、企画・運営に携わって感じたことをレポートします。少し長いですがお付き合いいただけたら嬉しいです。


【インクデザイン展】[入場無料]
会期 : 2023年8月16日(水)〜8月31日(水)9:00〜21:00
場所 : 四季文化館みの〜れロビー内「ひだまり横丁」
   〒319-0132 茨城県茨城県小美玉市部室1069   


そして現地交流トークイベント
「インクデザイン展 TALK! 〜クリエイターと話すものづくりのプロセス〜」
8月27日(日)に開催しました!

インクデザイン展TALK!ってどんなイベント?

このイベントは、交流・ワークショップを通して、イベント参加者にクリエイティブをより身近に感じてもらうことを目的としたものです!現在クリエイティブ職の方もそうでない方も、クリエイティブ全般が好きな方みんなに楽しんでいただける企画を考えました!

どうしてイベントを開催したのか

イベントの主な目的はイベント参加者にクリエイティブをより身近に感じてもらうこと

デザイナーという職業を知ってもらうことです。

  • デザイナー・ライター・カメラマンを目指す方に、「自分でもなれるかも!」と思ってもらいたい。
  • 茨城の若者に「クリエイター」という選択肢増やしたい。
  • ものづくりのプロセスを知り、クリエイターが普段どのように考えてクリエイティブに向き合っているか知ってもらう。

また、弊社クリエイター自身がイベント参加者の生の感想に触れる体験をし、ものづくりを通してコミュニケーションを楽しむことを目的にイベントを開催しました。

当日の流れ

【ワーク①】イベント参加者が作品を見て感じたこと、気づきや質問を付箋に書きだすワーク

イベント参加者に作品を見た際の気持ちを言語化してもらいました。デザインの成果物をただなんとなく視界に入れるのではなく、よく観察しどのように作られているのだろう?という疑問を持ち、知るというデザイナーの目線を体験していただきました。

展示作品に込められた想いや完成までのプロセス、デザインの仕事や会社に対する想いなどクリエイターの発表

  1. 「ポスターができるまでのプロセス・何を考えてアウトプットしたのか」
  2. 「仕事でデザインする上で気をつけているポイント」
  3. 「就職時に考えてたこと」「デザイナーという仕事に就いてみて感じたこと」
    を1人づつ発表しました。

インクデザイン初の展示であり、初の10周年イベント。

イベントに関して知識のない我々ではどうにも心許無かった為、当日の構成・司会進行などを日頃から大変お世話になっている企画・運営のプロの株式会社しびっくぱわー様にご協力いただきました!

しびっくぱわーの堀下さんは

「目の前に作品があり、制作者がいること」この環境こそが最大の説得力になる

と今回参加者全員のワークを挟んだ構成を考えてくださりました。

本当にありがとうございました!!!

いよいよイベント当日!会場の様子は?

約50名近くの方がご参加くださり、満員御礼!!

子供、大学生、大人、経営者など、様々な方が集まり
このイベントならではの空気感が味わえました。

参加者の声

  • デザインをするときのアウトプットについて知れる機会が初めてでとても勉強になった!
  • コミュニケーションが苦手な自分でも、付箋を通して思ったことをアウトプットできたので楽しめた!
  • 制作者の解説を聞くと作品に愛着が湧く・奥行きが出て面白かった!見方が180度変わる。
  • デザイナーがどんなことを考えてものづくりをしているか分かった。仕事でデザイナーと関わる時は、一緒により良いものを作っていきたい。
  • アートやデザインに疎くても、楽しむことができた!

インクデザイン内の声

  • 知り合いも多く参加してくださったから、というのもだけど、都内ではなく茨城の小美玉市で開催したからこそ、人の温かさを感じられる良い雰囲気が生まれた
  • みの〜れが素敵な建物で会場の大きさに驚いた。作品の特大ポスターが会場のスケールとマッチしていて良かった
  • 人前で話す事に不慣れで抵抗があったが、やってみると意外と話せた!
  • 参加者の方から直接、作品について「良かったよ」と褒めて頂き、とても嬉しかった!
  • 生で付箋を貼ったり、生の感想を聞けたのが良かった
  • zoom参加だったが、会場の良い雰囲気が伝わってきた
  • 改めて、インクデザインの個性を感じることができた

などなど、沢山の前向きなコメントをいただけて嬉しかったです!

特に普段の仕事ではどうしても単調なメールのやり取りになってしまい、制作物に対して具体的な感想をシェアする事は少ないので、社員の皆さんにもいい刺激になったかなと思います。堀下さんの狙い通り、参加者全員のワークを挟む構成が活きたイベントでした!

新入社員の声(私)

入社1年未満の新人に、会社の10周年記念の展示・イベントを任せる代表のPUNK精神には入社早々驚かされました(笑)が、「とりあえずやってみる」「やるなら最大限楽しむ」「自分で考え・行動するのが楽しい」そんな性格の私とは極めて相性が良く、プレッシャーを感じながらも楽しんで企画・運営に携わることができました!

大変だけど、活き活きとクリエイティブできる。この自由な社風に魅力を感じて入社を希望したので、早速このような役割を任せられたのは嬉しかったです。展示・イベントを通してやっとインクデザインの一部になれたような気がします。

「頼る」こと

私は人に頼ることが下手で、(頼ったら迷惑にならないかな…と心配してしまう)学生時代は編集長やリーダーなどを任されるも一人で抱え込み、キャパオーバーする事がよくありました。

しかし、今回は先輩のはるかさんが支えてくださったお陰で「困ったら相談して良い」「一人じゃない」という安心感が常にあり、一人で抱え込まずに準備を進める事ができました!

また、イベント企画・運営のプロであるしびっくぱわー様や、ポスター入稿で何度も確認にお付き合い下さり、期待以上の品質で納品して下さったあけぼの印刷社の皆様など、プロの方に「頼る」ことが、アウトプットのクオリティに繋がったと感じました。

私も、周りの方が安心して頼れるプロを目指して、日々業務に励みたいと思います。

イベントが終わって

このような大きなイベントを運営することが人生初だったのでとても不安でしたが、どの写真を見ても皆さん良い表情をしているので「ああ、いいイベントができたんだな」とホッとしています…!当日は、普段リモートで会えない社員さん達と協力して設営を進めました。各社員の会社・仕事への思いなども聞けたので、改めてインクデザインの魅力に気づき、社員の優しさに触れた良い1日でした。

イベントの企画から当日の進行までを支えてくださったしびっくぱわー様、みの〜れの皆さま、ロゴや作品制作でイベントを盛り上げてくださった社員の皆さん、会場へお越しいただき楽しんで下さった皆様、、、沢山の方に支えて頂きました。本当にありがとうございました!

会社も、私個人も成長することができた、大変有意義な時間でした。

関連情報

インクデザイン展についての過去の記事はこちらから!

インクデザイン展の企画・運営を新人デザイナーが担当して感じたこと、学んだこと

インクデザイン展(TEN)やります!

なぜインクデザイン展やるのか?

インクデザイン展のイベントを開催します!

インクデザイン展(10期目)を終えて

後日イベント参加者から寄せられた質問に対して

インクデザインのクリエイターが答えた記事も投稿予定です!

なかなか鋭い質問・回答が集まっておりますので

特に、クリエイターになりたい方、クリエイティブが好きな方は必見です!

自社記事の更新をお楽しみに!!

(ひかり)

【制作実績】株式会社コマースOneホールディングス様の決算説明資料

【制作実績】株式会社ABEJA様決算説明資料

関連記事

  1. 採用情報 0221

    インクデザイン合同会社では只今デザイナーの募集をしています。・グラフ…

  2. パワーポイントで使えるピクトグラム集(ESG編)…

    2022年明けましておめでとうございます!今年最初の投稿ですが、イ…

  3. 【インクブログ】incdesignの2018年に…

    今年も残すところあと少しとなりました。年の瀬ということで、今年もincde…

  4. 【インクブログ】今日は展示会の設営立会いです。

    東京はあいにくの雪ですが、今日は展示会の設営立会いです。雪に弱い東京で…

  5. 新宿駅

    【インクブログ】コーポレートサイトの打ち合わせで…

    本日は新宿でしゅーりょー。とある会社様のコーポレートサイトの打ち合わせで…

  6. インキュベーションデザインとは?

    我が社の売りであるインキュベーションデザイン。代表である潤さんの肩書…

  7. Wimax2+

    またまたどうでもよいことのようで、そうでもないことですが、Wimax2+…

  8. いばしごと記事掲載:テレワーク

    https://ibashigoto.net/2020/02/1…

PAGE TOP