EURO2020出場国:24チームの”愛称”まとめ【そして、勝手にタイポグラフィにしてみた】

侍ジャパン、サムライブルー、火の鳥NIPPON 等々…
スポーツでは代表チームに”愛称”というものが存在していることがほとんどです。

今回は、現在開催中のEURO2020(4年に1度の欧州でいちばんサッカーが強い国を決める大会)に出場している24ヶ国の”愛称”について、タイポグラフィで遊びながら、まとめてみました。

※順不同

イタリア

「アズーリ」

イタリア語で「青」の意味、代表ユニフォームが青いことから由来しています。

スイス

「リ・ナティ」

「スイス国民」という意味があるそうです。

トルコ

「月星軍団」

和訳する前だと「Ay-Yıldızlar」になります。

ウェールズ

ザ・ドラゴンズ

国旗の赤いドラゴンから由来しています。

ベルギー

「ディアブル・ ルージュ」

「赤い悪魔」の意味。1905年のオランダ代表との試合時に「悪魔のようなプレーぶり」とメディアが報じたことがきっかけです。

デンマーク

ダニッシュ・ダイナマイト

1986年FIFAワールドカップ本大会(当時初出場)で、果敢な攻撃サッカーを見せつけたことから呼ばれるようになったそうです。

フィンランド

フーカヤ

「ミミズク」の意味。ワシミミズクの進入でゲームが中断された後に点を決めて勝利して以来、幸運のマスコットとして愛称になったそうです。

ロシア

スボルナヤ

ナショナルチームを意味しています。

オーストリア

ヴンダーチーム

1930年代前半に、ヨーロッパ最強と謳われた際に付けられた愛称です。

オランダ

「オランイェ」

オランダ語「オレンジ色」を意味します。

北マケドニア

「リソビ」

「オオヤマネコ」を意味し通過デザインに使わる等、北マケドニアを象徴する存在です。

ウクライナ

ズビルナ

「青黄軍団」とも呼ばれているそうです。

クロアチア

「ヴァトレニ」

クロアチア語「炎の男」を意味します。

チェコ

「ウルチカ」

チェコの街に多く見られる「細い道」の意味。細いパスも通す華麗なサッカースタイルから由来しているようです。

イングランド

スリーライオンズ

イングランドのサッカー協会のエンブレムに描かれる「3頭の獅子」に由来しています。

スコットランド

タータン・アーミー

タータンはスコットランドの伝統的な模様です。

ポーランド

「赤い閃光」

鋭いカウンターが持ち味であることがきっかけで生まれた異名です。

スロバキア

レプレ

スロバキア語で代表を意味する「reprezentácia」に由来しています。

スペイン

無敵艦隊

これは日本で知られている愛称で、スペインでは「赤」の意味する「ラ・ロハ」。

スウェーデン

ブローギューラ

スウェーデン語で「青」と「黄」を意味します。

フランス

レ・ブルー

フランス語で「青」を意味します。

ドイツ

「ディー・マンシャフト」

ドイツ語で「ザ・チーム」を意味します。

ハンガリー

「マジャール」

ハンガリー民族の意味。1950年代に4年間無敗の記録を持っており「マジック・マジャール」とも呼ばれていました。

ポルトガル

セレソン・ダス・キナス

キナスはエンブレムに描かれている「5つの盾の紋章」を意味します。

サッカーという枠組みの中でも”愛称”といった普段とは別の視点で見てみると、また違った面白さを感じることができました。

響きのインパクトが強めな「ダニッシュ・ダイナマイト」が気に入っています。

(たなか)